相続支援東京 TOP > 相続とは

相続とは

人の死亡によって死者に属していたものが包括的に一定の者に承継されること。身分相続,祭祀相続,祖名相続などがあるが,その中心は財産相続である。近代法では相続は私有財産制と結びつき,(1) 被相続人の所有権の自由 (財産処分の自由) ,(2) 遺族の生活保障の必要,(3) 被相続人と取引関係にあった者の保障 (取引安全の確保) を根拠とする。日本法では (2) が重視され,たとえば (1) の結果,遺言自由の原則 (民法 946) が認められる一方,遺留分制度 (1028条以下) により (2) に対する考慮が払われている。また,相続放棄や限定承認の制度 (915条以下) は (3) を犠牲にしたうえで (2) を重視するものといえる。相続人や相続内容の決定方法には遺言相続と法定相続の2つがあるが,今日はほとんどの国で法定相続を認め,しかもこの場合単独相続でなく共同相続を原則とする。日本の現行民法も均分共同相続を前提とした法定相続を原則としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について

相続 支援 東京」「相続 手続き」「認知症 相続 手続き」の相続net.東京

秘密は厳守いたします。豊富な経験を持つ税理士が、親身になって解決致します。ネットワーク渡辺税理士法人(内)・相続支援センター部 フリーダイヤル0120-064-789 受付時間:平日(月~金)8:30~19:00 相続支援net.東京「相続ネット・東京」
無料で相談する