相続支援東京 TOP > 事例

相続対策の事例をご紹介します。
事例

ケース2

被相続人K・K様(68歳)法定相続人3人(配偶者・子供2人)

遺産総額3億円
(主な財産:自宅、現金預金、上場株式、国債)

家族名義の預貯金等がかなりありましたが、被相続人の本来の相続財産として申告しました。
また、居住用の小規模宅地等の軽減制度を上手に適用した結果、予想を下回る相続税の納付金額に収まりました。また、2次相続を考慮した配偶者への相続財産の分割を実行しました (遺産 分割協議書の記載方法の提案)。他に、2次相続対策として、贈与税(暦年課税)の基礎控除110万円を上手く利用したお孫さんへの贈与を提案させていただきました。

事例一覧へもどる

相続 支援 東京」「相続 手続き」「認知症 相続 手続き」の相続net.東京

秘密は厳守いたします。豊富な経験を持つ税理士が、親身になって解決致します。ネットワーク渡辺税理士法人(内)・相続支援センター部 フリーダイヤル0120-064-789 受付時間:平日(月~金)8:30~19:00 相続支援net.東京「相続ネット・東京」
無料で相談する