相続支援東京 TOP > 事例

相続対策の事例をご紹介します。
事例

ケース1

相談者H・M様(61歳)相続人4人

財産は現金預金、上場株式そして自宅不動産があります。
相続対策として何かよい方法はないですか?

H・M様の場合には、生命保険を活用したいところです。
生命保険は、500万円×法定相続人の数という非課税枠がありますので、H・M様の場合、相続人4人であるため2,000万円(500万円×法定相続人4人)が非課税となります。
あるいは、H・M様が法定相続人である子供などに現金を贈与し、子供が契約者&受取人、被保険者(保険の対象)H・M様という形態の生命保険に加入するのも1つの方法です。
死亡保険金は本来、みなし相続財産として相続税の対象となりますが、今のような契約形態である場合は、所得税の対象となりますので、相続税が高額な場合は有効な手段になりえます。

事例一覧へもどる

秘密は厳守いたします。豊富な経験を持つ税理士が、親身になって解決致します。ネットワーク渡辺税理士法人(内)・相続支援センター部 フリーダイヤル0120-064-789 受付時間:平日(月~金)8:30~19:00 相続支援net.東京「相続ネット・東京」
無料で相談する

相続 支援 東京」「相続 手続き」「認知症 相続 手続き」の相続net.東京